査定をする

レンガ造りの家

マンションを売却するにあたっては、まずマンション査定によって売却査定額を提示してもらうことになります。複数の仲介業者に依頼する中で、その提示額を参考に仲介を頼む業者を選ぶことになるわけです。もちろん、一番高いマンション査定額を提示しているからといって、その金額で売却できるとは限らないものです。あまりに相場価格とかけ離れた金額には注意が必要というわけです。そのような点において、仲介業者としてはいかに現実的な金額提示を行うことができるかが、これからのマンション査定に求められるものとなります。もちろん、他者よりも少しでも良い条件提示をすることも必要となるわけです。それを前提の上で、適切な分析をいかに行うかが必要となってくるわけです。

マンション査定での注意点は、その金額で売却可能かどうか、裏付けが必要ということです。それはつまり、提示する仲介業者にどの位の営業力があるのかということになります。そこでまず大切なこととなるのは、売却をするマンションの建つ周辺地域にどれほど詳しいかが挙げられます。今ではどの業者もネットを利用することで、どの立地のマンション売却も行えるものとなります。けれどもやはり、売却するマンションの周辺に詳しい業者の方が、それだけ多くのアピールポイントを把握しているので、より有利な条件で営業活動を行えることになります。さらにはその地域でマンションを必要とする顧客を多く抱えているケースも多いものです。その点で他の業者よりも高いマンション査定額が提示できることになるわけです。